(5/20その2) 建築費はまだ上がるのか?

このブログは5日おき(5、10、15・・・)の更新です。今日は2本投稿しています。 大手ゼネコン4社の決算数字が公表されました(2018年5月15日)。それによると、清水建設と大林組は営業増益(1%の微増)だが、鹿島(22%減)と大成建設(28%減)はともに大幅な減益となっています。   同時に来年(2019年3月期)の予想も公示しており、今後の見通しについて悲観的なコメントをしています。理由は、人件費の上昇が予断を許さないことや一部の資材に値上げの動きがあるからというのです。 &nb […]

(5/20 その1)第629回 3つの間違い「安さを求める・20年以降は値下がりする・共用施設は無駄」を糾す

このブログは5日おき(5、10、15・・・)の更新です。今日は2本投稿しています。   新築のマンションも、連動する中古マンションも高い。こういうときは、様々な観測や両極端な意見が飛び交って買い手を混乱に陥れるものです。   新築志向の強い日本国民は、つい新築に目を向けがちで、その広告戦略と営業戦略、営業テクニックにはまってしまうことも多いようです。   売れ残りマンションでは、いろいろな口実(大義名分)、つまり言い訳をしつつ値引き販売が横行しています。つまり、「キ […]

第628回 なかなか良い物件がなくて探し疲れたという人へ

このブログは5日おき(5、10、15・・・)の更新です。 このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。   数えきれないほど多数のマンションを見て歩きました。新築のモデルルームも数件見ましたが、中古マンションも10件以上見たと思います。 しかし、どれも「帯に短しタスキに長し」という思いが強く、決心がつかないまま1年を経過しました。本を買って読んだり、ブログで勉強したりして基礎知識は積んだのです […]

第627回 値下がりしやすいマンション

このブログは5日おき(5、10、15・・・)の更新です。 このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。   どんなマンションがリセールでマイナスなのか、売りにくいのか、価格に下方圧力がかかりやすいのか、その注意点を整理してみました。   ご注意いただきたいのは、それぞれの条件が価格に与える影響度には幅があること、どんな物件も、これらの条件のどれかひとつくらいは当てはまるものであること […]

第626回 五輪後マンション価格は下落するか?

このブログは5日おき(5、10、15・・・)の更新です。 このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。     マンションの売れ行きが好調ではないと聞きますが、今後は価格が低下するのでしょうか?・・・このようなご質問をいただくことがあります。   今日は東京オリンピック後も見据えて価格の推移についてお話しします。   ●売れ行きの低迷は価格の下落につながるか 売れ […]

第625回 六本木ヒルズに住みたい人!!

今日の投稿はもう1本あります!!   報道によれば六本木ヒルズは今年15年周年になるそうです。早いものです。 六本木ヒルズは、開発に長い時間を要した大規模な都心再開発の草分けとして有名です。テレビ朝日の本社、ホテル、オフィスビル、タワーマンションが斜面に美しくレイアウトされています。スーパーマーケットも、書店も、ブランドショップも、映画館も、レストラン、カフェなどが揃っています。   六本木ヒルズにはイベント広場があり、トークセッション、演奏会、パフォーマンスなどを無料で楽し […]

第624回 「世界で金利上昇圧力」の報道にぎょっとした!

このブログは5日おき(5、10、15・・・)の更新です。 このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。     新聞によれば、世界的な景気回復+資源高+米国トランプ減税(財政悪化)の3つを原因として、「世界の中央銀行が金融緩和政策を解除する方向へ」+「インフレ懸念」が表面化して米国の金利を押し上げている   1月の新聞でも世界的に金利上昇圧力がかかり始めているという記事があ […]

第623回 新築マンションの値引きの可能性を探る

このブログは5日おき(5、10、15・・・)の更新です。 このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。   今日は、値引き交渉の考え方と交渉の方法論をご紹介しようと思います。   新築マンションは、購入者の家族に小中学校児童がいる場合に新学期への移行期の4月までに引き渡しをしようと、概ね1~2月の工事完成を目指します。 数百戸の大規模マンションになると、全世帯の引っ越しの日程調整の関 […]

第622回 リニア新幹線や都市再開発の効果に期待し過ぎとは言えないか

このブログは5日おき(5、10、15・・・)の更新です。 このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論を展開しております。資産価値を重んじる方のための購入のハウツーをお届けするもので、お気に障ることもあろうかと思いますが、失礼はお許し下さい。 本日2本目の投稿です。   リニア新幹線の名古屋駅・品川駅開設に伴い、駅周辺は大きく変わろうとしています。 〇〇エリアの再開発が00年から行われ、一帯は大きく変貌。将来性が期待できます。地価も上昇して […]

第621回  借地権マンションの適正価格は?

このブログは5日おき(5、10、15・・・)の更新です。 定期借地権付き、または普通借地権付きの物件がときどき現れます。それぞれ価格が一般マンション(土地が所有者)より安く分譲されます。中古マンションも同様に一般マンションより安いのが普通です。   どのくらい安ければ妥当なのでしょうか?お尋ねは例外なく「借地権マンションですが、適正価格は?」です。今日は、その点についてお答えしましょう。   ●借地権マンションの土地の意味 ご承知のように、マンションの土地は建物所有者の共同所 […]

1 64