第672回 「都心をやめて都下を選ぶ選択の是非」

このブログは居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から「マンションの資産価値論」を展開しております。 5日おき(5、10、15・・・)の更新でしたが、次回から変わります。 都心で探すと、なかなかこれという物件に出会えません。都心にこだわらず、同価格帯でも面積の広い物件が買える東京都下、その他の郊外も選択肢ではと思いますが、悩ましいところです。 ―――――――――こんなお便りをときどき頂きます。先日も、埼玉県でも浦和ならいいのではないか?そんなご相談もありました。 今日 […]

第671回 職住近接の傾向が強まる中で郊外マンションの運命は?

このブログは居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から「マンションの資産価値論」を展開しております。 5日おき(5、10、15・・・)の更新です。 東京都の発表によれば、都内の2018年の人口移動調査では、2017年比9%(79,844人。外国人を含む)の転入超過だったそうです。 23区に限ると、新宿区を除く全区で転入超過となった模様です。超過数のトップは世田谷区で6861人、次いで大田区6024人、品川区5958人、足立区3999人、中央区3928人、江東区3919 […]

第670回 目が肥えすぎて決められない人

このブログは居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から「マンションの資産価値論」を展開しております。 5日おき(5、10、15・・・)の更新です。 たくさんの物件を知っている人に時々お会いします。毎週のように見て歩くという感じで、物件にはとても詳しい。お話を伺っていると、殆どモデルルームの見学マニアで、半ば趣味のようになっている人たちです。 中古物件も多数見たのだという人にも出会います。 これらの行動は、目を肥やすために始めたもので関心はあるが買う気はないのか、良けれ […]

第669回 焦点が定まらないDINKSさんに助言したこと

このブログは居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から「マンションの資産価値論」を展開しております。 5日おき(5、10、15・・・)の更新です。 子供のいない共働きのご夫婦からのご相談も少なくない筆者ですが、最近の共通点は「職住近接を条件として探しているが、中々良い物件に巡り会えない」というお悩みです。 この種のご相談に筆者がどのようにお答えしているか、共通部分のみを取り上げてみました。 1.地域を限定しないこと  現在住んでいる近辺、実家に近いなどと条件をはめて行 […]

第668回 年月を経て味が出るマンションを買いたいものだ

5日おき(5、10、15・・・)の更新です。 古くなるほどに価値が上がるマンションと聞いてどんな姿を思い浮かべるでしょうか? その答えはおいおい説明していきます。 最近のテレビコマーシャルに「一生ものに住みたい」というキャッチフレーズ(三菱地所レジデンス)があります。 また、同社のどのマンションだったか忘れましたが、「洋服のように簡単に替えのきかないのが住まいであろう。貴方の人生を纏う住まいだからこそ、選び抜かれた生地で仕立てにこだわり着心地が良い、そんな住まいでありたい」 このコピーに触れた瞬 […]

第667回 人気上昇中の街は買いか?

5日おき(5、10、15・・・)の更新です。 年頭の週刊ダイヤモンドに、人気上昇中の街として「北千住、武蔵小杉、赤羽、武蔵小山」などが、それぞれの街の特徴、人気の背景などとともに紹介されていました。 鉄板人気の街、恵比寿、横浜、吉祥寺も紹介されていました。 SUUMOの「住みたい街ランキング」を覗くと、上位5駅あたりは、毎年顔ぶれが変わりませんが、何年か前の記憶には登場して来なかった街・駅が上位に並ぶようになったことに気づきます。 街はマンション選びの上で重要な条件であり、筆者は第594回のブロ […]

第666回 新築は諦めた方がいいかもしれない

5日おき(5、10、15・・・)の更新です。 新築マンションの価格は一向に下がる気配がありません。 2018年7月以降、前年同月比で価格動向を追ってみると、7月が▲1.2%、8月も▲14.1%、9月も▲5.4%と3か月連続でマイナスになりました。ところが、10月は+11.4%も上昇、11月も+7.4%上昇したのです。6月までの上半期も前年同月比マイナスの月が2度ありましたが、結局上半期トータルでは2.9%高となったのです。 12月までの集計はまだ出ていないので、正確な数字はご紹介できませんが、8 […]

第665回 税率8%住宅にローン控除の延長はない

5日おき(5、10、15・・・)の更新です。 10月1日以降、消費税は8%から10%に上がります。 マンションも建物部分のみ消費税が課税されているので、価格は上昇することになります。都心部のマンションは価格の半分が建物代なので、仮に7000万円のマンションなら3500万円が建物代ですが、ここが2%分、約70万円プラスされ、7070万円になる勘定です。 少しでも安く買いたい人は消費税の上がる前に買った方がいいのでしょうが、それで駆け込み需要が発生し、その反動で増税後に消費が伸びない、もしくは減って […]

第664回 年度末は値引き交渉のチャンス

年明けは年度末でもあります。多くのマンションデベロッパーが3月決算を控えているため、3月中に引き渡しをして売り上げ計上したいと考えます。このため、販促のために値引き策を講じる時期でもあるのです。  今日は、新築マンションの値引き交渉について書きます。 ●アウトレットマンションを狙うのも面白い 新築マンションが分譲主の手を離れ、中古市場で「新築未入居マンション」として売り出される「ことがあります。売主は目にしたことのない不動産業者に代わっています。価格は分譲時より少なくとも10%以上は安くなってい […]

第663回 長期売れ残りマンションを買う勇気と不安

このブログは居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から「マンションの資産価値論」を展開しております。 5日おき(5、10、15・・・)の更新です。     本稿は竣工後1年を超えて売れ残っている新築マンションを検討している人向けのメッセージです。   ●「値引きするから」の誘いに心乱れて 最近の事例を紹介しましょう。 竣工2年になろうという現在、まだ販売中。このような物件を、このままの価格で買うのは損ではないかと感じながら営業マンの説明を […]

1 2 69