第726回 「リノベーション物件には注意せよ!!」

このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。 ◆ ◆ リフォームとリノベーションの違いは何? 先進の機能を持つ設備に交換するとか、間仕切りを大幅に変えるような、大掛かりなリフォームのことをリノベーション(Renovation:改革・刷新)と定義しています。 これに対し、壁紙を張り替える、絨毯張りの床をフローリングにする、建具のドアハンドルを交換するといった程度は「リフォーム」の部類です。   間仕切りを […]

第725回 「マンション見学のコツ」

このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。 ◆ ◆ マンション検討に当たっては、「対称的なタイプの両方を見に行くのが大事という話をしたいと思います。 ●感動する見学 ご相談者から毎日届く「マンション評価依頼」の対象物件を見て、筆者は「価値あるマンションと残念なマンション、その中間のマンション」といった色分けをするのが無意識の行動パターンになっています。 「高額なマンション」、「平均的な価格のマンション […]

第724回 「今は少し待った方がいいのでしょうか?」の問いが増えている

このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。 ◆ ◆ ・・・・・足元の新型コロナ禍が何やら国民を不安に陥れています。幸い筆者の知人・友人に罹患した人はいないらしいものの、自分も含めて「本当に大丈夫か」という不安感は拭えません。その一方で、自粛が飽きたのか、子供が騒ぐからか、小旅行をする家族も増えています。若者の中には、「自分は大丈夫」と高を括っている人、罹患しても重病にはならないと過信している人など、様 […]

第723回 「マンションの室内設計で残念なところ」

このブログは10日おき(5、15、25)の更新です。 このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。 ◆ ◆ 今日は、日ごろ何度も接する間取りの話です。気を付けたい点(残念な点)を網羅してみました。 ご検討の際に参考にしていただければ幸甚です。 <トイレの手洗いが奥にある> ・・・・・水槽の上部に手洗い用の蛇口がある昔ながらのタイプ。高級マンションではあり得ない形です。残念無念と言わざるをえません。 <便 […]

第722回 マンション選び・究極の割り切り

このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。 ◆ ◆ ◆ 今日は、市場の罠に嵌まらない「割り切り方」について語ろうと思います。市場とは無論マンション市場のことですが、新築マンションも中古マンションも、大きくは変わらないものの、少しだけある違いについても触れておこうと思います。 ●安値のマンションを探してはいけない 価値あるマンションと安いマンションとでは何かが違うのは言うまでもありませんが、 多くのマン […]

第721回 「都心住まいの損得勘定」

このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。 ◆ ◆ その昔、「マンションの価値は1に立地、2に立地、3・4がなくて5に立地」と主張する人がいました。筆者も同感でした。 筆者の日常業務は、「マンションの評価分析」なので、客観的な立場で資産価値を判定することです。平たく言えば「特定マンションの評価レポート」と「同、将来価格の予測レポート」のお届けです。 マンションの資産価値は、立地と建物に分けて分析します […]

第720回 「住んで気付くマンションのダメ間取り」

このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。 ◆ ◆ マンションの間取りは、こうありたいというものがあっても、法的な規制や事業採算の都合などから理想通りにならないばかりか、短所・デメリットの解消ができないままで世に送られています。 これは事業者や設計士の努力不足だけではなく、「宿命的なもの」とも言えます。 今日は、代表的なマンションのダメ間取りについて述べることにします。何故そうなるのか、何故こんな短所 […]

第719回 「コロナ不況の今だからこそ原点に!」

このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。 ◆ ◆ 「未曽有の不況がやってきた」と語った有名人が何人もいます。実名をここで述べることは差し控えますが、もしかすると私たちが経験したことのない不況の嵐になるのでしょうか? 筆者ごときが発言するのは控えますが、一言だけお許しいただければ「筆者は楽観的」です。業種別、職種別、年代別などいくつかのカテゴリー別に検証すると、「大変だなあ」と思わざるを得ない職種、業 […]

第718回「大規模マンション―住みかえの時に大量売却で価格が大きく下がらないか?

このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。 ◆ ◆  大規模マンションのひとつを検討している人の中に、タイトルのような心配をする人があります。人は同じような行動を取るものなので、自分が売り出すとき同時に売り出す人が他にもたくさんあって、過当競争状態が生まれ、値崩れするのではないかと考えるのです。    今日は、この問題についてお答えしようと思います。以下のお便りも紹介しておきましょう。   「このマン […]

第717回 「分譲マンションの建設と個人資産」

このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。 ◆ ◆ 購入検討マンションの評価を依頼され、その調査とレポート作成を行う過程で筆者が常に感じて来たことがあります。それは、筆者から見て評価の低い物件が多過ぎるということです。 開発できる土地に限りがある以上、立地条件については仕方ないと思いますが、建物に関して言えば、もっと価値ある建物にしようと思ったらできるのに、何故そこに知恵を絞らないのかと売主の姿勢を垣 […]

1 2 74