カテゴリー:マンション購入アドバイス

1/18ページ

第687回 「内装に惚れてはいけない!!」

※このブログでは居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から「マンションの資産価値論」を展開しております 10日おきの更新です。(次回は7月30日です) ◆ ◆ ときどき問題物件を買おうとしている人からのご相談が届きます。 どんなマンションでもパーフェクトはないので、悩むことはあるものですが、驚くほど条件の良くない物件を前に悩んでいる人もあります。 「何が良くてこれを選ぼうとしているのだろうか」と筆者の理解を超えるお悩みに苦しむ人もあるのです。 例えば、高速道路のきわに […]

第673回 雲行き怪しい世界情勢に思うこと

このブログは居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から「マンションの資産価値論」を展開しております。 10日おきの更新になりました。引き続きご愛顧賜りますようお願い申しあげます。   三井健太 売れ行きが悪化し出して久しい新築マンション市場。比較的好調な中古マンション市場と対照的です。 それでも「マンション冬の時代到来」などという文字を見かけないいのはなぜか、そんなことを思いながら今日もマンション市場の変化に注視している筆者ですが、資産性の観点でマンションを見る癖があ […]

第671回 職住近接の傾向が強まる中で郊外マンションの運命は?

このブログは居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から「マンションの資産価値論」を展開しております。 5日おき(5、10、15・・・)の更新です。 東京都の発表によれば、都内の2018年の人口移動調査では、2017年比9%(79,844人。外国人を含む)の転入超過だったそうです。 23区に限ると、新宿区を除く全区で転入超過となった模様です。超過数のトップは世田谷区で6861人、次いで大田区6024人、品川区5958人、足立区3999人、中央区3928人、江東区3919 […]

第632回 当分は賃貸という選択の是非

このブログは5日おき(5、10、15・・・)の更新です。 このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。   ・負担が少ない社宅家賃制度に甘えてマイホームを買いそびれたXさん。 ・実家から通勤していたが、結婚を機に別世帯になった。家賃が勿体ないから、親がどこか買いなさい。資金援助もすると言われて物色中のXさん。 ・会社の家賃補助は大きいが期限付き。その期限が2年後に迫っているからそれまでには買い […]

第630回 「価格はまだ決まっていません」と言われたとき

※今日1本目の投稿です。もう1本あります。   ある人が次期販売予定住戸の管理費等(修繕積立金・修繕積立一時金)を尋ねたら、まだ決まっていないという答えが返ってきたとそうです。   第2期以降で、そんなことはあり得ないとお答えしました。理由を説明しましょう。   第1期の管理費と修繕積立金等が、第2期になったら変わることはありません。従って、検討したい住戸タイプの専有面積が分かるなら、平米単価をかければ自動的に算出することが可能です。   聞かれた担当者は […]

第608回 素人の生兵法

このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論を展開しております。資産価値を重んじる方のための購入のハウツーをお届けするもので、お気に障ることもあろうかと思いますが、満点の家はないと思っていただき、失礼はお許し下さい。 5日おき(5、10、15・・・)の更新です。   毎日、文章を書く仕事をしているせいか、人の話し方も文章も「その日本語、正しいですか」と言いたくなる自分に「悪いくせ」と思う筆者です。ラ抜きことば、重複ことば、短縮ことばなどに抵 […]

第595回  マンション選びの基本:無防備に暮らせる家

このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論を展開しております。資産価値を重んじる方のための購入のハウツーをお届けするもので、お気に障ることもあろうかと思いますが、満点の家はないと思っていただき、失礼はお許し下さい。 5日おき更新です。   **************************   自宅に帰るのは毎晩午前様だった頃をときどき思い出します。   寝に帰るだけの家でしかなかった。そう言って過言でない筆者のマン […]

第591回 不動産の専門家とは?

★マンション購入で後悔したくない方へ★このブログは、マンション購入に関する疑問や諸問題を解き明かし、マンション業界OBが業界の裏側を知り尽くした目線でハウツ―をご紹介するものです★★特に資産価値を気にする方は是非ご高覧ください☆★・・・・原則として、毎月5と10の日に投稿しています。 専門家と言われる人たちの中には「怪しげな人」もいます。何をもって専門家というのでしょうか?マンションの関連でいうと、以下に挙げるような人達が専門家と言えるのでしょう。 不動産の法律に詳しい人?住宅ローンに詳しい人? […]

番外 「しまった!待てばよかった」と思わないために

契約した後に、より優良なマンションが販売されると知ったとき、その人はどう思うのでしょうか? 筆者に対するご相談者の中には、少なからず「失敗した」と後悔している人があります。 契約してしまったら失敗を悔やんでも後の祭りなのでしょうか? このようなときの解決策を紹介します。 ●待てばもっと良い物件が出て来る? 待てばもっと満足度の高い物件が出て来るのではないか。 だからここで購入を決めたら損なのでは?このような心配にはキリがありません。 設備ひとつ取っても、後から建てられるものの方が機能もデザインも […]

(番外) マンションの最後はどうなるの?

マンションはいつまで住めるものでしょうか? 住めなくなる状態とは、どのような状態を指すのでしょうか? 日本最古の鉄筋コンクリート住宅、通称「軍艦島」のような姿になってしまうのでしょうか? 本稿では、このようなことにお答えしようと思います。 ●マンションはいつまで住めるの? 「マンションというのは、手入れさえすれば何年でも住める」という声をときどき聞きます。また、「鉄筋コンクリートの建物で世界最古のアパートがフランスに現存するそうで、築100年を超える。そのくらいの実績はあるのだから、100年は持 […]

1 18