第692回「中古も高い。同じだったら新築にしよう」は正しいか?

このブログは10日おきの更新です。 このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。 ◆ ◆ 昨日お会いした若いご相談者が「予約しないとモデルルームの見学はできないのですねえ?」と言いつつ「面倒なものです」と続けました。そして「昔からですか?」と尋ねて来ました。 筆者は、「暇な現場はアポイントなしでも大歓迎ですよ」とだけ答えました。 何年か前から、モデルルームを見学するのに予約が必要になってしまいました。デ […]

第691回 「駅まで徒歩10分はダメですか?」

このブログは10日おきの更新です。 このブログでは、居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から自論・「マンションの資産価値論」を展開しております。 ◆ ◆ マンションを資産性という観点から評価するとき、「立地条件」が最も比重が大きいのは言うまでもないのですが、「立地が良い」を具体的にいうと「駅から近い」や「環境が良い」、「都心に近い」などを挙げられます。 このうち、抽象的な表現ではなく数値で示すことができるのは、「駅から近い」というときの絶対距離である「何分」または「 […]

第690回 「オリンピック後は建築費が下がってマンション価格も下がるとお思いですか?」

※このブログでは居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から「マンションの資産価値論」を展開しております 10日おきの更新です。(次回は8月30日です) 「オリンピックの東京開催は建設業界にとって、干天の慈雨だったのです」と語る知人にお会いしました。その発言を聞いて筆者は、奇妙な感じを持ちました。 なぜなら、東京オリンピックの決定は2013年の秋だったはずで、そのころのゼネコン業界は干天ではなかったはずと思ったからです。 そのころは、2011年の東日本大震災によって生ま […]

第689回「選手村マンションの未来」

※このブログでは居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から「マンションの資産価値論」を展開しております 10日おきの更新です。(次回は8月20日です) ◆ ◆ 筆者は、具体的なマンションについて本ブログで論評することはしないのですが、「晴海フラッグ」の評価依頼と「将来価格の予測レポート」の依頼があまりにも多いので、この機にその後の見解をブログでもお伝えすることにしました。 「その後」といったのは、筆者が「選手村マンション・晴海フラッグは買いか?」を刊行したものの、全て […]

第688回 「5つの失敗から学ぶマンション選び」

※このブログでは居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から「マンションの資産価値論」を展開しております 10日おきの更新です。(次回は8月10日です) ◆ ◆ 筆者は客観的にマンションを評価する仕事をしております。買い手の将来を考えて「資産性」の見地から評価するのが常で、個人的な価値観は入れず、世間は当該マンションをどう見ているかという視点でレポートを作成しています。 あなたにとって良いマンションであっても、他人が嫌うマンションは売却時に高く売れないことを意味します。 […]

第687回 「内装に惚れてはいけない!!」

※このブログでは居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から「マンションの資産価値論」を展開しております 10日おきの更新です。(次回は7月30日です) ◆ ◆ ときどき問題物件を買おうとしている人からのご相談が届きます。 どんなマンションでもパーフェクトはないので、悩むことはあるものですが、驚くほど条件の良くない物件を前に悩んでいる人もあります。 「何が良くてこれを選ぼうとしているのだろうか」と筆者の理解を超えるお悩みに苦しむ人もあるのです。 例えば、高速道路のきわに […]

★★晴海フラッグの「将来価格予測レポート」承り中

  • 2019.07.17
  • PR

全国的に有名な話題のマンション「晴海フラッグ」。スタート時の人気は上々のようです。マスコミ各社も取り上げているせいか、見学希望者は引きも切らないと聞きます。 筆者には「選手村マンションは買いか」という本を上梓したこともあって、新聞社やネット配信ニュース社、雑誌社などから取材の要請も多数来ましたが、「本の宣伝になるなら」と可能な限り応じていますが、売れ行きにどれだけ寄与したかは分かりません。 しかし、増刷になるらしいので、少し加筆できたらいいなと思ったりもしています。というのも、初版本の内容に自身 […]

第686回 「素晴らしい物件だが購入に踏み切れない築古マンションの限界」

※このブログでは居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から「マンションの資産価値論」を展開しております 10日おきの更新です。(次回は7月20日です) ◆ ◆ 今日は築古(ちくふる)マンション検討の際の注意点についてお送りします。 「40年先を見据えてのマンション購入作戦」シリーズは、しばらくお休みします。 最近のご相談で増えているのは中古マンションですが、中でも築20年以上の物件についてのご相談が目につきます。 だいぶ前のことですが、このブログで「築30年の中古に1 […]

第685回 「40年先を見据えてのマンション購入作戦」 シリーズ4回目

※このブログでは居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から「マンションの資産価値論」を展開しております 10日おきの更新です。(次回は7月10日です) ◆ Zさんは60代後半の自営業者です。勤め先の早期退職制度を利用して掴んだ資金を元手に始めた事業は順調でした。 しかし、寄る年波を考えて完全リタイアも近いと思うこの頃でした。まだ、いつとは決めていないものの、リタイア後の住まいについても考えるようになっていました。 今のところ自宅に不便も不都合もありませんでしたが、子供 […]

 第684回「40年先を見据えてのマンション購入作戦」 シリーズ第3回

※このブログでは居住性や好みの問題、個人的な事情を度外視し、原則として資産性の観点から「マンションの資産価値論」を展開しております 10日おきの更新になりました。引き続きご愛読賜りますようお願い申し上げます。(次回は6月30日です) ◆ ◆ 東京オリンピックが終わって1年。2021年秋のことでした。 (前回、前々回同様、今回のブログは筆者の創作です) Yさんは50歳。2007年に築25年の古いマンションを購入しました。 築39年になるが、売却を考えたいというご相談です。 Yさんの所有マンションは […]

1 70