売れ残りが多い会社は要注意

マンション分譲というビジネスは、資金さえあれば、パートナー企業とのコラボレーションによって誰にでもできるように見える。このため、しばしば異業種からの参入が繰り返されて来た。  古くは、品川燃料、フランスベッド、帝人、カネボウなど、最近では、メルシャンワイン、アートコーポレーションといった企業名が浮かんで来る。その他にも、三菱電機(ライフサービス)、三洋電機(三洋ホーム)、旭化成(ホームズ)といった企業も、子会社の事業とはいえ、異業種組になる。  歴史あるデベロッパーも、多くは鉄道系や商社系、鉄道 […]

中古マンションは売れるか?

マンションの価格を継続的に調査しているという会社が東京には複数あるが、それらの会社による調査データを見て、「やはり」と気付くものがある。  それは、新築マンション対中古マンションの価格差である。  地域ごとに、販売された新築価格と取引された中古価格を対比したもので、結論だけを言うと、①「都心のマンションは、中古になっても値段が新築に対して極端に値下がりしないが、郊外ほど短時間に下落してしまう」、②「東京の人気スポットは、新築並みか、それ以上の中古マンションも多い」、③「郊外(=東京都以外)でも、 […]

マンションの間取り

新築マンションの検索サイトを全国くまなく見て回った。狙いは、マンション業者がどのくらい間取りを重視しているかを見るためである。  何となく分かっていたことだったが、間取りにこだわった物件は数えるほどしかないのに失望した。   良い間取りは、ある程度余裕のある面積の中で生まれるもので、例えば3LDKの間取りを作ろうとすれば、70㎡ではダメで、最低でも77㎡ないと良い間取りにはならない。できたら、85㎡は欲しいのである。  そうなると、価格の高い東京では無理があるから、良い間取りは必然的に地方に多く […]

マンションの価格の信頼性

 ちょっとしたことで記憶が呼び戻されることがある。今日、理由は言えないが、数年前に発覚した、建築士による「耐震偽装事件」を思い出した。 必要な強度のないマンションやビジネスホテルが全国各地に多数建築され、そのうちの何棟かは解体の憂き目をみることとなった。国会でも取り上げるほどの大事件である。  そのようなマンションを買ってしまった人には、ただ「お気の毒」というほかにないが、得た結論は、価格の安いマンションは、疑ってかからなければならないというものだ。  偽装マンション分譲業者は、以前から「安さと […]

超高層マンションについて

タワーマンション、すなわち20階建て以上の超高層マンションのことである。どこにも定義として書かれてはいないが、いつの間にか業界の慣例で、そんな区別がされるようになった。  さて、そのタワーマンションがこの10年くらいの間に急激に増加した。規制緩和の流れを汲んだ形であるが、倉庫や工場跡地などの広い敷地を利用して建つマンションは、ほとんどすべてがタワーである。東京都内のマンションは、すべてタワーといっても過言でないほど、新規発売の広告はタワーばかりだ。  もはや、タワーマンションには、希少性のかけら […]

住宅ローン控除の勘違い

7月のこと、都内の某マンションが発売され、その動向が注目されていたが、立地条件の良さから、第1期110戸の即日完売を達成した。おおかたの予想通りではあった。  こうした好調マンションの事例は、ここのところ増えているが、その背景には低金利、住宅税制の軽減措置があることに加え、景気の先行きに薄明かりが見えてきたこともあるようだ。  まだまだ本格回復には遠いが、業界関係者の顔には安堵感も幾分見られる。 さて、好調を支える要因になっている税制だが、その一つに「住宅ローン減税」がある。住宅ローン減税とは、 […]

不動産は縁ものか

 縁とは「ゆかり、えにし、関係」である(広辞苑)と、書かれている。また、縁の使い方としては、「縁は異なもの味なもの」「縁もゆかりもない」などが知られている。 「買い手と物件の出会い」、「買い手と営業マンの出会い」―このふたつがマンション・不動産における“縁”というものである。 より理想に近づけようとお見合いをくり返し、いつまでも結婚しない人。たくさんの出会いと恋愛をしながら、中々結婚しない人。こうして、婚期を逸した人も世の中には随分といるようだ。何百万人もいる結婚対象の中から一人だけ選んで一生の […]

EV対応マンションが流行する?

 東京都江東区は、新築マンションに電気自動車(EV)用の充電器設置を求める項目を区の指導要綱に新設した。  EVは、地球温暖化対策の一つである。先進各国では、日夜EVの開発競争が盛んである。日本では、三菱自動車が先行しているが、今年12月には日産が「リーフ」というEVを発売する。現在、予約状況は非常に良好と伝わっている。  トヨタも、アメリカのEV開発のベンチャー企業に出資しており、早晩、ハイブリッド車だけでなく、EVにも進出することは間違いないだろう。 今後、ハイブリッド車や電気自動車が主流に […]

マンションの買い時はいつ?

 マイホームは、過去から見れば今の方が高いが、未来から見れば今は安い。だから今がチャンスである」という誰かの言葉がある。  これは、過去に買いそびれた人は、「もっと早く購入しておけばよかった」と思うだろう、既にマイホームを手にした人は「もう少し早く買っておけば、今頃はローンも残り少なく余裕ある暮らしができたのに」と思うだろうということを表している。  バブル経済の真っただ中で買った人を除けば、早く買って失敗したという話は殆ど聞かない。むしろ、購入のタイミングが遅かったという後悔の声の方が多い。 […]

郊外マンションを選ぶ人

「マンションは利便性」という常識に逆らうような郊外マンション。こうした物件を選ぶ人はどんな基準で選ぶのだろうか? 1.都心からは遠いが、現住所からは近い。つまり、現状と利便性は変わらないからである。郊外でマンション開発をする事業者は、周辺の、いわゆる地元需要を狙っていることになる。 2.勤務先が都心にあるわけでないから、そもそも不便ではない。自分にとっては便利なのだ。こうした顧客も地元需要の部類に入るのである。現住所は別のところにあったとしても、その郊外マンションに住むことは勤務先に近くなる条件 […]

1 77 78